>>2018年センター試験分析へ戻る

自己採点を徹底サポート! 採点ミスを防ぐ最強ツール センター試験 自己採点ツール 試験終了後に是非ご活用ください!!
更新日時:2018/01/16 18:00  (集計:2018/01/15 08:00)

2018年度センター試験:地学基礎 分析

分野横断的な総合問題が目立ち,深い理解や考察が必要

地球・岩石・地質・気象海洋・天文に加えて自然環境の6分野からまんべんなく出題された。昨年4大問に増えたが,例年通りの3大問に戻った。第2問や第3問に分野横断的な総合問題が含まれている。計算問題は1問しかないが,深い理解や考察を必要とする問題があったので,全体としては昨年並みか。
 
年度 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012
平均点 34.94 32.50 33.9 27.0 - - -
前年比(点) 2.44 -1.4 6.9 - - - -
 
設問数
(マーク数)
第1問 8 5 8 7 - - -
第2問 4 5 4 5 - - -
第3問 3 2 3 3 - - -
第4問 - 3 - - - - -
合計 15 15 15 15 - - -

以下の平均点、得点率の数値は赤マル・ドットコム自動採点データに基づいて計算しています。

(「難易」は「得点率」を元にしています。昨年度試験との比較ではありません。)
第1問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
A     普通 6.44 64.4%
B     やや易 5.53 79.0%
C     普通 4.18 69.7%
D     普通 2.26 56.5%
27   普通 18.41 69.2%
Aは地球惑星物理分野の問題。地球の内部構造や地震波の性質を扱っている。問1は昔出題された問題。問3はグラフを読んで計算し,かつ緊急地震速報の意味を理解していないと解けないので難しい。Bは地質・地史分野の問題。一見オーソドックスな断面図の問題で,問4はよくある順番を答えさせる問題であるが,問5はそれと連動しないように考えさせ,かつ示準化石の知識を要求する問題である。Cは岩石分野の問題。問6は簡単だが,問7は図を読み,かつ色指数の意味を理解していないとできない。

問1は比較的簡単であるが,半数くらいしかできていない。数値ではなく図になっていると感覚的にひきずられてしまうのかもしれない。問3の計算は難しいが,正答以外の選択肢が短すぎるためか7割ができている。問4は中学レベルなのでほぼ全員正解している。問5はモノチス,問8は片麻岩がそれぞれわからなかったためか,それらにひきずられて半数程度しかできていなかった。

第2問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
13   やや易 10.74 82.6%
寺田寅彦の随筆からの出題。昨年同様,気象海洋分野はオーソドックスな問題がなかった。問1・問2は湯気が見える理由やお湯が表面から冷える理由を聞いており,気象現象としての雲や霧,潜熱の放出とからめての出題である。身近な現象と気象現象をリンクして考えさせる問題である。問3は海洋,岩石,太陽,大気という4分野横断で対流現象を総合的に扱っている。試行テストに似た問題があった。問4は環境・災害を扱った分野横断的な総合問題。問3・問4ともに幅広い知識を要求される問題であった。

問1,問2,問4はほ正解している。問3はやや正答率が低く,粒状斑のメカニズムがわからなかったためか,そちらにひきずられてしまったようだ。

第3問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
10   普通 6.92 69.2%
一見,天文分野の問題に見えるが,どの小問も天文だけでなく,他の分野の知見が必要な総合問題であった。問1は太陽における核融合反応と原始地球のマグマオーシャンを組み合わせた問題。問2は星間物質についての深い理解とオーロラやビッグバン,恒星の進化など広い知識を必要とする。問3は温度上昇の原因を考察させる問題で,やはり太陽風,微惑星,温室効果,地殻熱流量など広い範囲の知識や理解を必要とする難問である。

問1はほぼ全員正解している。問2,問3はやや正答率が低い。問2はあまり見たことがない問題であるし,問3は総合問題であったため,とまどったのではないだろうか。


自己採点を徹底サポート! 採点ミスを防ぐ最強ツール センター試験 自己採点ツール 試験終了後に是非ご活用ください!!
編集・著作:ジェイシー教育研究所
ページのトップへ戻る