>>2018年センター試験分析へ戻る

自己採点を徹底サポート! 採点ミスを防ぐ最強ツール センター試験 自己採点ツール 試験終了後に是非ご活用ください!!
更新日時:2018/01/16 18:00  (集計:2018/01/15 08:00)

2018年度センター試験:倫理 分析

構成は昨年度までと変わらず。全体としては易化

小問の数は一問減少したものの、大問の構成や出題分野には変化なし。設問形式では、8択問題が大幅に減少。正誤・語句の組合せは昨年とほぼ変わらず。その分オーソドックスな4択式が増えた。内容面では、現代思想分野が多めだった昨年度に比べ、標準的な知識を問うた設問が多く、全体として易化。
 
年度 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012
平均点 67.52 54.66 51.8 53.4 60.9 58.8 69.0
前年比(点) 12.86 2.82 -1.6 -7.5 2.1 -10.2 -0.4
 
設問数
(マーク数)
第1問 10(10) 10(10) 10(10) 10(10) 10(10) 11(11) 3(3)
第2問 9(9) 9(9) 9(9) 9(9) 9(9) 9(9) 9(9)
第3問 9(9) 9(9) 9(9) 9(9) 9(9) 9(9) 9(9)
第4問 9(9) 9(9) 9(9) 9(9) 9(9) 9(9) 9(9)
第5問 - - - - - - 8(8)
合計 37(37) 37(37) 37(37) 37(37) 37(37) 38(38) 38(38)

以下の平均点、得点率の数値は赤マル・ドットコム自動採点データに基づいて計算しています。

(「難易」は「得点率」を元にしています。昨年度試験との比較ではありません。)
第1問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
28 現代社会分野と青年期 やや易 19.80 70.7%
例年通り対話形式による本文を基に、青年期・現代社会の問題が問われた。問1の、空欄3箇所に6つの短文を埋めてその組合せを問う形式は新しいもので、読解力重視の傾向に則ったものだといえよう。統計資料問題は例年並みの難度。全体としては標準的な知識が問われており、通常の学習で充分対応可能。問9ではセンの思想について出題された。キーワード「潜在能力」の深い理解が必要な問題で、やや難しかったと思われる。

問2、問6の正解率が低い。どちらも出題形式は例年通りであり、青年期・現代社会の諸問題に関する知識不足によるものと思われる。後回しになりがちな分野だが、幅広い学習が必要であることがこれによっても分かる。

第2問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
24 源流思想 やや易 17.49 72.9%
「他者の生き方を模範とすること」についての本文を基に、源流思想分野の知識が問われた。資料文全体の読解が最後に問われるのは例年通り。4択形式の設問が多く、教科書の学習で充分に対応出来るレベルだった。内容ではギリシア哲学の出題が少なくなっていたものの、キリスト教・イスラーム・仏教・中国思想と網羅的に問われた。問1の預言者イザヤにはとまどった受験生が多かったかもしれない。

全体に正解率は高かったが、問8のみ落ちる。短文イの判断が難しかったものと思われる。

第3問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
24 日本思想 普通 16.58 69.1%
「教え」をテーマとした資料文を基に、日本思想について神話から近代思想にいたるまで幅広く出題された。問9の資料文の趣旨選択など、設問形式は例年通り。ただし、資料文については昨年度の『徂徠先生答問書』のような古文ではなく現代文だったため、受験生としては取り組みやすいものとなった。全体に標準的な知識を問う設問が多かった。問7の三宅雪嶺はややなじみがない思想家であり、正確な理解がないと選択肢の内容から消去法で選ぶことも難しかっただろう。

正解率が低かったのは問2。一遍に関わる記述で誤答を選んでしまった受験生が多かったと思われる。日本仏教では宗祖の教義の細かい理解が求められる。

第4問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
24 西洋近代思想 やや易 17.71 73.8%
「遊びの意味や価値」についての本文を基に、西洋近代思想について広く出題された。問3・4の正誤・空欄補充組合せも含め、設問形式は例年通りである。内容面では、現代思想分野の出題が突出して見えた昨年度に比べ、近代思想中心に問うた設問が多く、標準的な学習で着実に得点出来るだろう。問5の資料文のカイヨワはなじみのない名前だろうが、読解力があれば選べる。問6はヴィトゲンシュタインはじめ現代思想の全般的な理解が必要で難しかったと思われる。

問2と問6の正解率がやや低い。前者はロックの思想を問うもの。頻出事項であり、同じ社会契約説のルソーやホッブズとの正確な区別が求められる。後者は現代思想のかなり細かい知識を問うもの。丹念に消去していけば正答にたどりつけるが、とまどった受験生も少なくなかったと思われる。


自己採点を徹底サポート! 採点ミスを防ぐ最強ツール センター試験 自己採点ツール 試験終了後に是非ご活用ください!!
編集・著作:ジェイシー教育研究所
ページのトップへ戻る