>>2018年センター試験分析へ戻る

自己採点を徹底サポート! 採点ミスを防ぐ最強ツール センター試験 自己採点ツール 試験終了後に是非ご活用ください!!
更新日時:2018/01/16 18:00  (集計:2018/01/15 08:00)

2018年度センター試験:英語(リスニング) 分析

ヴィジュアル問題に新形式のものが見られたが、出題意図は変わらない。難易度は昨年度よりやや難化。

第1問の問6では、初めてグラフを使った選択肢が用意されている。ただし、これは文字情報をヴィジュアル情報に変換しただけで、難しくなったわけではない。第3問Bでも、地図が使われているが、観光場所とスケジュールをヴィジュアル化してわかりやすくしただけである。全体的に、表現の言い換えがポイントになっているのは例年通りで、特に難解な表現は含まれていない。昨年度に見られたような、意味があいまいな選択肢は一切含まれていないのが、情報量が多い分だけ対応しきれなかった可能性がある。
 
年度 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012
平均点 23.05 28.11 30.8 35.4 33.2 31.5 24.6
前年比(点) -5.06 -2.7 -4.6 2.2 1.7 6.9 -0.6
 
設問数
(マーク数)
第1問 6(6) 6(6) 6(6) 6(6) 6(6) 6(6) 6(6)
第2問 7(7) 7(7) 7(7) 7(7) 7(7) 7(7) 7(7)
第3問 6(6) 6(6) 6(6) 6(6) 6(6) 6(6) 6(6)
第4問 6(6) 6(6) 6(6) 6(6) 6(6) 6(6) 6(6)
合計 25(25) 25(25) 25(25) 25(25) 25(25) 25(25) 25(25)

以下の平均点、得点率の数値は赤マル・ドットコム自動採点データに基づいて計算しています。

(「難易」は「得点率」を元にしています。昨年度試験との比較ではありません。)
第1問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
12 対話文イラスト選択 普通 7.04 58.7%
例年通り、ヴィジュアル問題と計算問題がそれぞれ2問出題された。数字が出てくる問題は、聴き取れた数字がそのまま答えになることはなくて、計算結果が答えになるのは従来通り。問3では、次々と新たな情報が出てくるので、各選択肢の真偽を素早く判定するのが難しい。

問2と問5では、数字が3つ以上含まれているので混乱した者が多かったと思われる。いずれも正解率は50%程度であった。問4は第1問の中では最も正解率が低かった。これらはいずれも情報が多く含まれているもので判断を誤まりやすい。問6にはきちんと対応できていて、正解率は第1問の中では最も高かった。

第2問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
14 対話文完成 普通 7.38 52.7%
対話文応答選択問題では、全体の流れが順接になっている場合と逆接になっている場合とがあることに注意する。会話の流れが一般的に想定できるものになっているはずだと勝手に思いこむと判断を誤ることがある。今回のうち、問7、問10、問11、問12は逆接になっている。全体として、まぎらわしい選択肢は含まれていないので、いずれも標準的なレベルの設問になっている。

問7と問10では思いこみによって誤まった者が目立った。問9では(4)の意味は十分推測できるはずなのに、すべての設問の中で最も正解率が低かった。問11でも集中力が切れて誤まった可能性が高い。

第3問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
A 対話文選択 普通 3.71 61.8%
B 対話文選択 やや難 2.41 40.2%
12   普通 6.12 51.0%
Aはあらかじめ疑問文に目を通して何を見つけたらよいかを意識してから、素早くスキャニング(探し読み)をする能力が求められる。なお、この形式は筆記の第4問に近い。Bは先に3つの設問すべてに目を通しておかないと、問19を処理するときにあわててしまう可能性がある。

Aの問15では、期間がweekとmonthで示されているせいで混乱したかもしれない。Bはいずれも予想外に出来が悪かった。これは内容が難しいせいではなくて、情報処理のスピードが追いつかなかったせいであると思われる。

第4問 配点 出題内容・テーマ 難易 平均点 得点率
A モノローグ長文 普通 3.17 52.8%
B 会話長文 普通 3.04 50.7%
12   普通 6.21 51.8%
Aは従来通りのモノローグ(ナレーション)で、留学先の寮での体験談が採り上げられている。問22は、全体の内容に関するものなので、スキミング(拾い読み)も求められている。Bは筆記の第3問Bに近い形式なので、3人の共通意見に注目して聴き取る必要がある。全体的に、あいまいな選択肢は全く含まれていないので、対応しやすかったはず。

実際には、Aの問20の正解率が非常に低かった。Bの問24では、ひっかけの選択肢の(3)を選んだ者が半数程度いた。問25では、(1)のshareが「…を語る」という意味で使われているため、この文の意味がよく理解できなかったと思われる。


自己採点を徹底サポート! 採点ミスを防ぐ最強ツール センター試験 自己採点ツール 試験終了後に是非ご活用ください!!
編集・著作:ジェイシー教育研究所
ページのトップへ戻る